鼻メガネに適したフレーム


鼻メガネに適したフレーム



鼻メガネには、それに適したフレームの条件があります。
それについて説明します。


1)軽いこと

レンズを入れた重さが、
20gを超えますと、
鼻メガネにすると鼻の鼻梁や横のあたりが、
重量感やうっとおしさを感じます。
鼻メガネを軽く作るためには、
次の2つのことが求められます。

A.フレームの玉型サイズが小さめであること。

近くを見るためのメガネは、
さほど広い視野を必要としませんので、
玉型サイズでいいますと、50mm未満が良く、
同じ度数なら小さければ小さいほど、
レンズを軽くすることができます。
鼻メガネ研究会のオリジナルの鼻メガネは、
どれも玉型サイズは40mm台の前半です。

B.フレームの太さや素材

フレームは太くないチタン製であれば、軽くてすみます。


2)フロントリムの上辺の太さが太くないこと

フロントリムの上辺が太いと、
遠方と手元を交互に見るときに、
視線がフロントリムの上辺を通るときに
じゃまなものです。
フロントリムの上辺は
なるべく細くて存在感が少ないものがよいのです。

鼻メガネ研究会のオリジナルフレームは、
どれもフロントリムの上辺は細いです。
そして、レンズとフレームとの合計重量が
15g未満ですむことを狙いとして作られています。

                    
×




3)パッドつきよりも、一山のブリッジが望ましい。

普通のパッドつきのメガネをやや下にずらせた場合、
鼻の両中央部よりも下に
パッドが当たるので、
うっとおしく感じることが多いのですが、
一山ブリッジであれば、
鼻梁の上方よりも下がったところにブリッジが乗った
としても、軽いメガネなら、
感覚的な違和感が少ないものです。
鼻メガネ研究会のオリジナルフレームは、
すべて一山ブリッジになっています。




次のページへ
2種類の鼻メガネ
トップページ
鼻メガネ研究会
に戻る