乱視を矯正する
お問い合わせ


乱視を矯正・測定の2つの方法とは


それで、
乱視をメガネで
矯正する場合に
大事なことを
書いてみます。


(1)
まず、眼それ自体の乱視は、
実際にどれだけあるのかということを
自覚検査において正確に把握すること。


 眼の屈折異常(近視、遠視、乱視)
の度数を
他覚的(自動的)に器械で測定する
オートレフというのがあります。


これは
どこの眼科でも
眼鏡店でもたいていは設置されていて、
屈折検査は
それによる測定から始まるのが通例でしょう。
(箱の中をのぞいて、
あっという間に度数がわかる器械です……
と言えば、あぁ、あれか、
と思い当たるかたは多いと思います)



この測定では、
ほとんどの人に近視や遠視とともに、
多少の乱視が検出されます。

しかし、
それはあくまで
参考にすべき値であって、
そのとおりでメガネを作ればよいという
単純な話ではありません。

ああいう他覚検査だけではなく、
メガネを作る場合に重要な位置づけとなる、
自覚検査
(正確に言いますと、自覚的屈折検査)
が必要なわけです。
たとえば、矯正視力は、オートレフではわかりませんので、
自覚検査で把握するのです。




測定の方法1 放射線乱視表


放射線乱視表
↓10°刻み
↓15°刻み
↓30°刻み


測定の方法2 クロスシリンダー


クロスシリンダー

±0.12  ±0.25 ±0.37  ±0.50 などがある。



次のページへ
不正乱視も矯正

お問い合わせ
トップページ
乱視メガネ研究会
に戻る